忍者ブログ
こちらは社会問題の部屋。今は休養しながら、新聞記事を書き留めています。みんなが元気に暮らせる社会になりますように。情報著作権記載忘れがありましたら、ごめんなさい。
手放しちゃダメだよ♪

平和憲法9条

ブログ内検索


✿ 連絡用メールフォーム ✿



⊹⊱✽⊰⊹




























































































































































































































































































































































































































































































































































































PR
2016/08/03 (Wed)
従軍慰安婦を強制された方の体験を紹介します。
これは私達日本人が知らなくては、同じ過ちを繰り返してしまう。
従軍慰安婦を強制されたその辛さ・その後の差別の辛さを、知っておかなければ、また同じ過ちを繰り返してしまう。
今度は、日本女性がその身になることさえありえるということを、知ってほしくて掲載します。





初めは、高級娼婦が自分で望んで従軍慰安婦になったといいますが、自分で望んで行った商売と、
拉致されて婦女暴行を強制された性犯罪では、中身がまったく違い、並べて考えることではありません。
子供の頃に水商売に身を売られ強制された女性や、拉致されて従軍慰安婦を強制された女性は、自分で望んだことなど断固ありません。
日本政府は戦争責任をとり、韓国にお金を払うだけでなく、韓国政府が賠償金で被害者の生活支援が出来ているか見届け、共に取り組んでいく責任があると思います。


私は高校生の時に、原水爆禁止大会で、従軍慰安婦を強制された韓国人の方の体験を聞きました。
我を失いぼろぼろ泣いて、話を聞いていました。
生で話を聞くと身を裂くような辛さを知り、従軍慰安婦の肯定論を聞くと、いたたまれません。
肯定派は生の声を聞いて、自分の身や愛する人の見に起きることとして、考えて頂きたいです。

日本平和委員会で、韓国を訪れて話を聞くツアーが行われていました。
またやるかもしれません。
機会がありましたら、生の声をぜひ聞いてみて下さい。
http://j-peace.org/


★美輪明宏さんのお話の過去記事です

http://totogold.blog.shinobi.jp/Entry/660/




ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪
忍者ブログ [PR]