忍者ブログ

*☆~こずえのしたでまちあわせ~☆*

こちらは社会問題の部屋。只今休養中です。みんなが元気に暮らせる社会になりますように。情報著作権記載忘れがありましたら、ごめんなさい。

[705]  [708]  [709]  [710]  [706]  [701]  [698]  [704]  [661
憲法9条に自衛隊を明記したらどうなるのか、憲法全体を改憲したらどうなるのか、紹介してみたいと思います。


★9条に自衛隊を明記したらどうなるの?


憲法は本来、国家権力の暴走を規制するためにあります。

政府が二度と侵略戦争を行わないように、必要最低限のことが書かれ制限し、

国を守る時には、憲法と法律で柔軟に対応出来るようになっています。

憲法に自衛隊が表記されていなくても、法律に個別的自衛権があり

攻撃された時には即、自国を防衛することが出来ます。

海外で活動する自衛隊にも自己保存があり、攻撃された時には

武器を使用して身を守ることが出来ます。


戦争法(安保関連法制)が通ったことで、友達の国(米)を守るための

集団的自衛権だと言い、他国の侵略戦争に首を突っ込み紛争に巻き込まれたり、

防衛のためだと先制攻撃を行い、民間人の命を奪う戦争へと進みかねないことに

なりました。

今度は憲法を変え、戦争法を合憲で行えるようにしようとしています。

戦争法が通り、集団的自衛権の行使・先制攻撃も出来るようになった自衛隊を

憲法9条に明記すれば、現憲法9条の内容

「国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、

国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない。」

と矛盾し、互いに成り立つことが出来ません。

また法の原則として、新らしく出来た法律が優先されるので、

戦争法を行う自衛隊の明記が優先され、前からある現在の9条1・2項は、

ブレーキの役目を持たなくなります。

国家権力の暴走が、合憲の元で行えるようになってしまいます。


今国民の力で国家権力の暴走・改憲を止めなければ、自衛隊は戦場に送られ

日本製の武器を持たされ、攻撃の危険を感じたら先に打つように指示され、

殺し殺されていくことになります。

国を守るために自衛隊に入った若者が、何故軍需産業と侵略戦争のために

死んでいかなくてはならないのですか?

何故子供や障害者の命と生活が、切り捨てられなくてはならないのですか?


自国を守るために軍拡が必要と力を入れていますが、友好関係を築こうとする

ことなく武装していったのなら、それは威嚇となります。

威嚇は摩擦を生み、一発触発で戦争へと進みかねません。

今韓国は威嚇発射を控え、北朝鮮と話し合い、緊迫状態を解決していこう

としています。

日本も改憲せずに現憲法を生かし、近隣諸国と友好関係を築く外交を行い、

武装で威嚇・武力行使で鎮圧ではなく、対話で平和を作っていけたら良いな

と思います。











★憲法全体が変わったら、どうなるの?


此方の自民党改憲草案シミュレーションの漫画は、ポイントを簡単に伝えてくれています。





★社民党の福島みずほさんとIWJの安身さんの対談です。

「緊急事態宣言」の恐ろしさを伝えてくれています。





本来国家権力を制限するはずの憲法が、改憲すると国民を制限するものに変わってしまう。

国民のための国政ではなくなり、国家権力のために従う国民になってしまいます。


★自民党のページ
自民党「日本国憲法改正草案」紹介ページ
https://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html


★自民党改憲草案
https://jimin.ncss.nifty.com/pdf/news/policy/130250_1.pdf


★日本国憲法改憲草案Q&A
https://jimin.ncss.nifty.com/pdf/pamphlet/kenpou_qa.pdf



自民党改憲草案は、前文で「国民主権」と書かれていますが、1条の天皇の項目には天皇を元首(総督)とし、君が代が国歌、日の丸を国旗として、1条の天皇の項目に入っています。

そのことから、君が代の歌詞の「君は天皇」を指し、「天皇の世が永遠に続きますように~~」と歌い、天皇を表す国旗に敬礼することから、天皇が国民の上にたつ君主制に戻ることになってしまいます。

それを「国民は尊重しなければならない」と強制になっており、改憲後の意見が規制されています。

神奈川では既に、表現の自由の規制が始まっているので、心配です。


第9条では、自衛隊は国防軍となり、内閣総理大臣が最高指揮官に。

天皇が元首ですが、実権を握るのは首相です。


第98・99条 

「緊急事態において、内閣総理大臣は「緊急宣言」を発令することが出来る。

内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することが出来る。

内閣は財政上必要な支出そのほかの処分を行い、地方自治体においては必要な支持をすること出来る。」

98・99条で「国会の承認を得なければならない」と書いてあり、暴走を防げるのかと思えば、

憲法99条で、「内閣は法律と同一の効力、内閣=法律」となっているので、国会の力は弱く暴走を止めることは出来ません。

100日ごとに国会で承認を得れば、緊急事態の期間はどこまでも継続することが出来ます。

参議院の審議はたった5日間。国民が納得出来るまで審議されません。


99条第3項

「緊急事態の宣言が発せられた場合には、国民は、国や地方自治体等が発する国民を保護するための指示に従わなければならない。(厳守義務)」

協力ではなくて、厳守義務=強制なんだ!

指示をするのが、住民の状態が見えていない首相であり、それが基本的人権・生活を侵害していても、異論を唱えることが出来ません。

これが既に基本的人権の侵害ではないでしょうか?


自民党改憲案Q&Aより

「Q41 (前略)基本的人権が制限されることもあるのですか?

A(前略)「緊急事態であっても、基本的人権は制限すべきではない。」との意見もありますが、国民の生命、身体及び財産という大きな人権を守るために、そのため必要な範囲でより小さな人権がやむなく制限されることもあり得るものと考えます。」


国民の人権の保護に、「大きな人権と小さな人権」の差がつけられています。

今軍事費が増え軍需産業が進み、軍事研究も始まろうとしている中、保育が2の次ぎになり、障害者・介護の補助が減らされているように、立場の弱い存在が「小さな人権」として切り捨てられて行くのではないでしょうか。


9条の5が怖いです。

「国防軍に属する軍人その他の公務員が、その職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。

この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければない。」


日本兵士が、上司やアメリカ兵からの暴力を受けた場合、暴行した加害者が正当に裁かれるなら良いのです。
(その場合にも、民間に公表しなかったら、おかしいと思いますが。)

現在横須賀の海上自衛隊がアメリカ兵から暴力を受け、自殺した事件は裁かれていません。

沖縄の自衛隊員が、アメリカ兵に殺害されたケースも同じく。

国防軍に審判所を置いて、弱者が暴行や殺害された場合に、きちんと裁かれるのか?

今自衛隊の規則には、「自衛隊は有事の際、指示に従わなければならない」とあり。

自衛隊は、「危険を感じたら撃たれる前に撃て!(先制攻撃)」の指導と、敵ののど元を切って殺害する訓練をしています。
(防衛するのに、そんな残虐な殺害方法が必要か?)

国防軍に裁判所を置くと、上司の発砲命令や殺害命令に背いた時、民間の目が届かないところで、裁かれることになります。

何故有罪となり処分されたのか、公表するか否かも首相が決めることになります。

国民の意思とは関係なく、最高指揮官の首相が規則を定めることになるのですから、どうなるのか、めっちゃ怖いです。



自民党改憲案は、素人が読むと、始め大丈夫な気がしてしまいます。

それが読み解いていくと、騙し憲法になっています。

報道は、大企業と右翼政権が握っているから、事実を報道せず、

「国民主権はあり、人権は守られる。大丈夫」と騙し報道をしているでしょう。

実際は、国民が自由に意思表示をして選択する権利が、厳守義務のもとで縛られ、

首相の権限でやりたい放題。

国民の自由と民意・権利が、改憲案には反映されていません。

完全に独裁政治であり、おかしいです。


◆現在の「日本国憲法」と自民党の「日本国憲法改憲草案」を比較したサイトがありました。

こちら


:*・゚❀ ❀.。.:*・゚










署名用紙で署名はこちら


ネット署名は、パブリックコメントと同じく民意として反映されますが、

個人の署名としては正式には受け入れられないようです。

ネット署名は首相宛てには有効ですが、参議院や衆議院宛ての場合、許可されないこともあるそうです。



忍者ブログ [PR]
 Template by repe