忍者ブログ

*☆~こずえのしたでまちあわせ~☆*

こちらは社会問題の部屋。只今休養中。共産党員ではなく、どこの団体にも入っていません。 みんなが元気に暮らせる社会になりますように。

[715]  [714]  [713]  [712]  [711]  [705]  [708]  [709]  [710]  [706]  [701
2016年より行われてきた、平塚市土沢中学校の銃剣道の授業が、2018年10月に中止されました。

朝日新聞と毎日新聞に掲載されました。





地元土沢地区の人も署名したのですから、学校長も教育委員会も、もう少し署名した人の気持ちを尊重しても良いと思います。



~ 新日本婦人の会 平塚市支部 平和部Y・Tさんの記事が
新婦人新聞に掲載されたので、そちらを掲載します。


「銃剣道の授業」取りやめに!!




平和のバトンを 子供たちへ手渡しましょう。



❀ღ*


対話をしていくのは大変なことで、よく頑張って下さったなと尊敬しております。
市民団体の皆様、本当にありがとうございました。

武道の時間が8時間しかないとのことで、子供たちが襲われた時に身を守れる術を学べると良いなと、私は思います。
合気道には防衛術があると聞いたので、合気道など良いのではないかな?

真にありがとうございました。



2018年 11月 10日 日付



❄.。.:*・゚❅.。.:*・゚❆.。.:*・゚❄.。.:*・゚❅.。.:*・゚❆



2017年 12月 18日 編集日付


「中学校で銃剣道の授業が行われています」

全国の中学校で1校、平塚市土沢中学校で、銃剣道の授業が行われています。

銃剣道は、防具を着て小銃に見立てた棒で、相手の喉や胸をついて攻撃する競技です。
戦前に殺生を目的とした戦闘訓練として行われていました。
戦中は竹での突きやりが、学校の授業で行われていました。

銃剣道は現在、自衛隊で隊員に教えられ、元自衛隊員の方から
「銃剣道は防具をつけていても、棒で喉や胸をつかれると大きな衝撃をうけ、危ない競技だ。」
という意見が出ています。
自衛隊の銃剣道の訓練で、多数の重症者と2人の死亡者が出ています。
決して安全な競技ではありません。

授業では「ボールの先に球をのせ、その球を的に当てる」「棒で新聞紙をついて破く」というゲーム感覚で授業が行われ、生徒は楽しんでやっています。
先生は「銃剣道は新しいゲームで、授業では人を相手にしていないので、怪我も少ない。」とおっしゃっているとのこと。
戦中の竹での突く授業も、人を相手にしていませんでした。
人を相手にし突き刺して殺すようになったのは、軍隊にはいってからです。
何も知らずに銃剣道が楽しいゲームだと思い、授業をきっかけに本格的な競技へと進んでいくと、重症や死に至る重大事故に繋がりかねません。


銃剣道の中止を求める署名用紙に、詳しく書かれていました。
読んでみてください。
現在署名活動は終了しました。




平塚市市会議員 松本としこさんも、ブログで紹介していました。

★「戦争は教室から始まる」

http://www.matsumoto-toshiko.jp/archives/22694



授業で身に付けた技が、日常生活に出てくることもあります。
聞きかじった銃剣道のまねっこをして、兄弟を棒で突いてしまったり。
チャンバラをした時や感情的に怒った時、授業で身に付けた棒で突く行為が出てしまい、相手を傷つけることもあるかもしれません。
相手の目を突けば失明、喉や胸を突いたら、死にいたることもあります。

また柔道や剣道には攻撃術と防衛術がありますが、銃剣道には攻撃術しかありません。
もし襲われた時に、他の武道を学んでいたら防衛術で身を守ろうとしますが、銃剣道は攻撃術しかないので、喉や胸を棒でつき致命的な怪我を負わせ、相手が死んでしまうこともあります。

殺生をするつもりはなく、相手を傷つけ死なせてしまったら、心も傷つくことでしょう。
私は学校で、生徒が銃剣道の歴史と内容を把握しないまま、教えても良いものかな?と思います。


今までは「人であれ物であれ、棒で突くことは、危険なのでやってはいけない。」と、子供たちに教えてきました。
その安全の感覚が、学校教育で変わり始めているようです。
学校教育が、子供の安全について充分に考慮されているでしょうか?
親御さんと子供達に銃剣道の歴史と危険性を伝え、安全について一緒に考えて、いっぱい話しあって頂きたいです。



❄.。.:*・゚❅.。.:*・゚❆.。.:*・゚❄.。.:*・゚❅.。.:*・゚❆



ここから下は、2017年7月~2018年10月までを、順を追って載せています。


2017/07/27


土沢中学校は、「今年度は、銃剣道の授業を続ける。」とのことです。

戦前は銃剣道、戦時中は竹でつきやりの訓練をし、兵士となり縛り付けられた人を刺して殺していったこと。
戦争法が通り、自衛隊が人を殺す訓練をし戦場へ派遣されている今。
銃剣道の授業が、つきやりの戦闘訓練と同じ道を歩むことになるかもしれないことを、教師は生徒にきちんと教え、生徒は認識をして銃剣道の訓練を受けているのでしょうか?
体育の教師は「銃剣道の説明を紙で配った」とのことですが、教師が「新しいゲーム」だと思って教えているのですから、子供たちにも「新しいゲーム」として教えているのではないでしょうか?
土沢中学校に子供を通わせていた親御さんの中には、学校で銃剣道の授業が行われていることを知らず、知ってショックを受けている親御さんもいたとのこと。
校長は「2年間銃剣道の授業を行ってきたが、生徒や保護者から苦情はない。」とおっしゃっていますが、生徒や保護者にきちんと伝達・説明が出来ていないようです。

銃剣道の歴史・実際の銃剣道が何かを、生徒とご両親が知り話し合えるといいなと思います。



❄.。.:*・゚❅.。.:*・゚❆.。.:*・゚❄.。.:*・゚❅.。.:*・゚❆



2017/9/11

銃剣道の中止を求める署名が始まりました。


★銃剣道の中止を求める署名用紙



(署名は終了しました)

土沢地区で署名用紙を巻いたところ、なんと署名が送られてきました。
署名が3000名集まり一度終了した後も、続々650名以上もの署名が届きました。
私もびっくり感激しました。
署名を集めて下さった方、署名をして下さった方、ありがとうございました。



❄.。.:*・゚❅.。.:*・゚❆.。.:*・゚❄.。.:*・゚❅.。.:*・゚❆



2017/12/15


銃剣道の中止を求める3000名の署名を、市民の会が市長と教育委員長に提出しました。

毎日新聞と神奈川新聞に掲載されました。が・・紙面は良い感じではありませんでした。

神奈川新聞「カナロコ」は、簡単ですがお互いの見解が公平に掲載されていると思います。

http://www.kanaloco.jp/article/298182




❄.。.:*・゚❅.。.:*・゚❆.。.:*・゚❄.。.:*・゚❅.。.:*・゚❆



2018年 7月


平塚市教育委員会は、市民(個人)から出された「銃剣道の中止を求める請願」を全委員一致で不採択しました。

教育委員会では、

「学級指導要領で保健体育の武道に「銃剣道」が含まれ、指導要項にのっとり、銃剣道の授業が行われている。
学校長が授業内容を決める権限があるので、委員会は介入しない」

とのことです。


第3者の私は、頭クエスチョン?になりました。

銃剣道の危険性を充分に考慮されたのでしょうか?
国の指導要領に従い学校長の権限に任せるなら、教育委員会が存在する意味は何でしょうか?

土沢中学校に子供を通わせる親御さんの中にも、心配する声はあります。
しかしトラブルを避け、署名をしない人もいます。
また銃剣道の歴史や危険性を知らされておらず、署名活動が行われていることも知らず、反対のしようがない親御さんもいます。
学校と教育委員会は、親御さんと生徒に銃剣道の歴史と危険性を十分に伝え、子どもの安全について充分に話し合う必要があるのでないでしょうか。


署名した土沢地区の方々の気持ちも、意見として考慮にいれる必要があるのではないでしょうか。



❄.。.:*・゚❅.。.:*・゚❆.。.:*・゚❄.。.:*・゚❅.。.:*・゚❆



2018年 10月

2019年1月から、土沢中学校は、再び銃剣道の授業を始めるとのこと。


市民団体が、平塚市長と全中学校宛てに、

「これからも銃剣道の中止を求める運動を続けます。」

と、手紙を送って下さいました。

素晴らしい♪ 感動してしまいました。

街頭署名を始める予定とのことです。







(*◡ ܫ◕ )✿


忍者ブログ [PR]
 Template by repe