忍者ブログ
こちらは社会問題の部屋。今は休養しながら、新聞記事を書き留めています。みんなが元気に暮らせる社会になりますように。情報著作権記載忘れがありましたら、ごめんなさい。
[672] [671] [660] [657] [655] [667] [654] [653] [668] [669] [651]


先制攻撃



中国・北朝鮮・ISテロ
 
他国に攻撃される恐れがあるからと、日本が先に攻撃をしたら、

逆に、此方が攻撃を仕掛けた事になり、戦争になってしまいます。

先に攻撃をするにも、敵の拠点について、確かな情報を得るのは難しく、

確かな情報も無く攻撃をすれば、攻撃した先が民間人であることも多いのです。

空爆を行えば、民間人の被害の方が多い。

専守防衛よりも先制攻撃の方が、より多くの民間人が死ぬことになります。


海外の戦場へ送られた自衛隊が、攻撃される恐れがあるからと先に攻撃をした時も、
 
此方が先に攻撃を仕掛けた事になり、銃撃戦により多くの民間人が無くなります。

戦争に言い訳は通用しません。

日本も戦争に参加する事になり、戦争はより悪化して行きます。

相手が、子供兵であることもあるのです。

日本人は、子供を殺すのですか?


攻撃されてからでは遅いというなら、今!侵略戦争を認め・差別をなくし、

友好関係を築く外交交渉を、しっかりと行うことではないでしょうか。



ღ゜:♫;.✰♡



真の平和


軍需産業の規制・経済制裁、世界で協力して話し合い、

苦境に立たされている人々の命と生活を助けること。


過去の戦争責任をとり、差別をなくしお互いを尊重し、

友好関係を築いて行くこと。

外交交渉で平和的解決をする方が、真の平和を創って行ける。


理想だというい人もいるけれど、理想を現実にしていかないと、

人がどんどん亡くなり、怒りと憎しみが増え・惨状が広がっていくだけです。

相手国と友好関係を結び、世界がひとつとなり、外交交渉で防衛する方が、

真に平和を作って行けると思うのです。





忍者ブログ [PR]
material by:*ポカポカ色*『chai*』ぴよの素材屋さん