忍者ブログ
こちらは社会問題の部屋。今は休養しながら、新聞記事を書き留めています。みんなが元気に暮らせる社会になりますように。情報著作権記載忘れがありましたら、ごめんなさい。
[584] [572] [418] [536] [480] [481] [510] [479] [513] [509] [567]
3月7日「日本共産党演説会In平塚」で、ツインシティー整備計画の話と、地方自治について。
今、平塚に必要なことは何かの、お話を聞いてきました。
続き。。

★平塚市で、秘密保護法についての請願は、継続審査になったのですが、選挙で議員が交代すると継続審査の案件は、全て引き継がれずに廃案になってしまう。
日本共産党は「廃案にせずに、議員交代前に回答を出して、市民の想いに応えよう。」と話していました。

★平塚市の住民の声を聞くと、お年寄りが一番困っているのが、商店が少なくなり近くに店がなく、買い物に遠くまで歩いて行くのが困難な状況だとのこと。
個人商店の倒産が増え、地元の産業が活性化出来ていない状況になっている。
大型開発に力を注ぐことより、地元の産業を生かした経済政策が必要ではないか。

★「地方自治体は、地域の暮らしに密着しているので、地域にあった政策を」と言いながら、実際は国・県の政策を事細かに押しつけてきて、地方自治体の自由はわずかしかない。
平塚市は、日本共産党市会議員3人が居て会派が持て、他の会派も意見を真摯に受け止めてもらえる。
国の悪政を地方で止めるには、3人の力が必要です。
国の圧力と悪政の流れが、地方で実施されないように、日本共産党市会議員立候補者の3人を、何卒当選させて下さい。と、お話しされていました。


日本共産党平塚市議会議員団HP:http://jcp-hiratsuka.com/

どうぞご覧になり、選挙の参考にして下さい。
よろしくお願い致します。





 



忍者ブログ [PR]
material by:*ポカポカ色*『chai*』ぴよの素材屋さん