忍者ブログ
こちらは社会問題の部屋。今は休養しながら、新聞記事を書き留めています。みんなが元気に暮らせる社会になりますように。情報著作権記載忘れがありましたら、ごめんなさい。
[481] [510] [479] [513] [509] [567] [563] [562] [561] [454] [483]
世界が原発の危険性を認め自然エネルギーへの変換が進む中で、日本は原発の安全性にこだわり研究を進め、原発利用をおし進めようとしています。

その一方で。使用済み核燃料棒と放射能汚染廃棄物は年々増え続け、埋立て処理場に困り埋め立てた後も放射能漏れの安全性は保証されていません。

放射能漏れの対策と安全性が見つからないまま、原発利用を推し進めるのは危険ではないでしょうか。



原発なしの自然エネルギーだけでは、電気量はまかなえないと報道されています。

本当にそうでしょうか。



日本は今まで、原発にて大量の電気を作り消費し、海外にも輸出してきました。

私達が生活で使う電気意外に大量の電気が販売され、大手電力会社と政府に多額の収入が入っていたのです。

政府は、原発の利用・設置を推進させるための宣伝と人費に、今も税金から多額の資金を投じています。



福島の第1・2原発が停止した後、福島の原発を利用していた私達の生活は、節電しながらもすでに自然エネルギーで保たれています。



政府と大手電力会社が懐を肥やすのをやめ、国民の命を優先し、安全で無害な自然エネルギーに変換することが出来たら。

原発推進の宣伝に使っていた多額の税金を、自然エネルギーの開発に使うことが出来たら。

また。

政府と大手電力会社の圧力に負けずに、中小企業の自然エネルギー電力会社がたくさん増え、私達が自然エネルギーを選択出来るようになると。



もう少しの自然エネルギーの開発で、原発事故前のような電気量はなくても、自然エネルギーで私達の生活は充分に出来るのではないでしょうか。



                      ~~母の勉強より ◎^∇^◎


忍者ブログ [PR]
material by:*ポカポカ色*『chai*』ぴよの素材屋さん