忍者ブログ

*☆~こずえのしたでまちあわせ~☆*

こちらは社会問題の部屋。今は休養しながら、新聞記事を書き留めています。みんなが元気に暮らせる社会になりますように。情報著作権記載忘れがありましたら、ごめんなさい。

[545]  [544]  [565]  [543]  [566]  [541]  [540]  [539
母が今頃になって写真見ながら、

「これこれ。この草地に家が立っていたのよ。

わからないでしょう。」

と話まして・・。何で一度にはなさんのかいなぁ~~??



ということで。前回の報告に写真を追加しました。

お手数ですが、ご貴重なお暇な方がいらっしゃいましたらw

前回の記事の写真だけ、見てやって下さい。



こちらです(クリック)

よねちゃんの新聞記事



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。



母が仲間内の新聞に投稿する、ひとこまレポを書いてくれたんですよ。

原稿用紙に数日かけて、書きまとめたのですが。

何度も書き直して、本当に短くまとめるのが大変で、とても苦労してました。

読んで、私は感動しました。



前回の話と被るところがあります。

…*♣*……………………………………………………………



被災地気仙沼で感じたこと

 

私は先日。お友達のEさんと、被災した気仙沼へお手伝いに行ってきました。

水産業者の街が、津波で壊滅状態になっていました。



「家の中に、津波で流された車が3台も入って来て、家が壊されてしまったんだ。」



日本一海水浴場に近い駅「はまなすステーション」の建物だけを残して、周辺の街並みや住宅が無くなっていました。

JR気仙沼線も橋げたも線路も無残な姿、いつ通れるようになるかもわからないという事でした。



3/11 の後Eさんの呼びかけで、皆さんで気仙沼へ支援物資を送り届けた事(冬・夏)、気仙沼のお友達よねちゃんはとても感謝されていて

「本当に何もない。また雪も降って寒い中、大変助かりました。皆さんによろしくお伝えください。」

と、何度もおっしゃっていました。

 

私達は気仙沼滞在2日間、千葉・京都などから届いた支援物資の仕分け作業・被災者に物資を届ける手伝いをしました。

仮設住宅を訪問した時大きな地震があり、津波注意報が出されました。

そこで1時間程足止めになった時、小学3年生位の女の子が「椅子に座って」と椅子を運んできてくれ「このお菓子、家で食べないから、皆さんでどうぞ。」と持ってきてくれました。

女の子は、お母さんを亡くされたとのこと。私達と「さようなら」をする時、隣の女性の洋服にしがみついていました。

あの日まで一緒に暮らしていた、大切な家族を亡くしたそのつらさを、強く感じました。

まだまだ復興までに時間がかかりますが、現地の方は困難な中、仕事を再開していました。



ボランティアに来られる方の数が減り、被災地への関心が薄れてきています。

 

「被災地の現実をとにかく見てほしい。必ず復興するけれど、どんな風に復興していくのかも見てほしい。

一人でも多くの方に来てもらい、目で見て知ってほしい。

そして帰ってから、何が出来るか考えてもらいたい。」



よねちゃんが話してくれました。

 

私も、これからも出来ることを、応援していきたいです。

 

…*♣*…………………………………………………………… 





よねちゃんが、

「ボランティアに来られる方が少なくなって来て、届いた支援物資の仕分け作業が大変なのよ。」

とお話されてました。

被災地でお店が開き始めたこともあり、

「仕分けが大変なのでこれからは物資を送るのではなく、チャリティーバザーなどで集めた募金を送り、被災地で必要な物資を購入してもらうことになるだろう。」

と、母は話していました。





私が7月に、

「みんなで集めた募金を送って、被災地でネットショップから必要な物資を購入してもらったらどう?

こちらから送ると送料も高くつくし。」

(支援物資を28箱送った時、送料に数万円かかたことがあり、びっくり仰天!でした)

(今知ったのですが。被災地は、携帯を持っていても電波が届きにくいとのこと。)



私が尋ねると、母がとても良い話をしてくれたのです。



「お金だけを送ると被災者と支援者との間に、仲間の繋がりが出来ない。

時間が経つごとに関心が薄れ、他人ごとになってしまう。

支援物資だけでも交流があると、その後も関心を持ち。

被災地に遊びに行き、末永く復興の支えや交流に繋がるから。

また被災した時の対策や復興の手立て・情報交換も出来、自分達が被災した時も助かり、支援の輪が出来る。」



なるほどなぁ。ママさんの集いは、賢い!!

ぐっときましたね。

これからも、きっと交流が持てると思います。





新聞で呼んだのですが。

今被災地のボランティアで求められているのは、長く滞在出来、被災者の声を長期にわたって聞いて下さる方。

住みやすいロッジの仮設住宅もあれば、粗悪な建物の仮設もあり。また、お店から遠い仮設もあり。

それぞれ環境に合った対応が必要になって来るとのことです。

これからのボランティアは、サポート力が要りますね。



私は御両親を亡くされた子供達のために、何が出来るだろうかな?





☆.。.:*・°



母と写真を見ながら話してました。



気仙沼の方の写真があると良いのにね。

建物ばかりで人の写真がないよ。

母:「申し訳なくて、とても撮れないよ。」

そうだよね。



こちらは、避難所になっている学校を、遠くから撮った写真です。


 


廃車が積んであるね。

母は、学校にかかっている看板を撮りたかったんですって。



「~~挑戦!未来に羽ばたく 南っ子」



何に挑戦するのかな?

一緒に手を繋いで、歩いていこうね。

(。・ω・。)o"エイ(。・ω・。)o"エイ(`・ω・´)ノ"オゥ!!



また思い出したら、追記します。

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]
 Template by repe