忍者ブログ

*☆~こずえのしたでまちあわせ~☆*

こちらは社会問題の部屋。今は休養しながら、新聞記事を書き留めています。みんなが元気に暮らせる社会になりますように。情報著作権記載忘れがありましたら、ごめんなさい。

[552]  [551]  [550]  [549]  [548]  [547]  [546]  [542]  [545]  [544]  [565
世界ふしぎ発見 「今解かれるスリランカの封印」の番組で、とても良いお話がありました。
http://youtu.be/BjqkIK2XDuM

第2次世界大戦後の日本の処遇について、サンフラシスコ講和会議が開かれた時に、
スリランカ代表のジャヤワルダ氏が、日本を助けてくれたお話が、最後にありました。

敗戦国日本は、被害を受けた国々から激しく非難を受け、高額の賠償を求められ、日本領土の分割まで出されていたそうです。

スリランカ・セイロン代表のジャヤワルダ氏は演説で

「日本とスリランカは、1000年の時を越えて仏教の教えを共有している。
ブッダの言葉で
「憎しみは憎むことによって消えず、愛する事によって無くなる。」
と言っている。
我々も、もう憎しみを忘れようではないか。
アジアの将来にとって、独立した日本が必要である。」

と発言。
彼の言葉で、多くの国の気持ちが変わり、会議は日本を援助する方向へ変わったそうです。

日本が爆撃したスリランカに、日本は助けられたのですね。
この恩を日本は忘れてはいけませんね。
日本は侵略戦争を2度と繰り返すことなく、アジアと仲良く助け合い、これからも交流して行けたら良いなと思いました。


瀬戸内寂聴さんのお話でもありました。
寂聴さんは、戦中中国に住んでいました。
戦争が終わった時に、寂聴さんは殺されると思い、子供を抱えて家の中に閉じこもったんですね。
その時に、中国の方も同じように

「憎しみは憎しみをはらすことでは無くならない。より多くの憎しみを生む。
日本人を許します。善行をもって私達の想いに応えて下さい。」


仏教の言葉で書かれていたそうですが、忘れてしまいました。
そのような事を紙に書いて、玄関に張って行かれた、というお話を聞きました。
寂聴さんは今、「2度と戦争をしてはいけない。」と一生懸命伝えられています。
今、私達はアジア・東南アジアと争うのではなく、過去の戦争の真実を学び、恩返しをする時ではないでしょうか。
第2次世界大戦の侵略戦争の事実を伝え、学んで行けると良いなと思います。

日本は地熱・風力・バイオ、自然エネルギーを作っていく技術を持っています。
日本が自然エネルギーを進歩させ、その技術でアジアの支援をすることも出来ます。
飲み水のない所に、雨水を貯蔵し飲み水へ変えていく方法、
海の水を飲み水に変え水路で届ける技術も進めば、支援出来ると思います。

危険があるからと武力介入すれば、戦争になります。
お互いに支援し合う形で、恩返しをし友好関係を築けるといいなと思います。


PS
ちなみに私は、キム・ヨナンの演技は好きです(///v///)ゞ
表現力豊かで、技と技の間も飽きさせない。
踊る姿を見ていると、ワクワク楽しくなってきます♪
これからも、アイスショースケーターなど、プロとして活躍していってもらいたいな❤

腰が・・と言っている間に、オリンピック終わりまして。
タイミングを逃して、話し損ねちゃいました◎^∇^◎あはは☀



(*◡ ܫ◕ )✿
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1. 無題
そのお話は、ずっと前のテレビ番組で、ちょっとだけ記憶に残ってます(^-^)

確か、そのジャヤワルダ氏は、亡くなるときに
片方の目は、スリランカを見て、もう片方は日本を見ている、次は日本人に生まれたい。とかの言葉を残してますね。
表現が独特だったので、そこだけ印象に残ってました。

あの当時の世界は、今ではわからない色んな繋がりがあったのでしょう・・・。

いずれにしろ、平和が一番大切な事です。
それは、世界中のどんな人も同じように思ってますね。
問題は、やっぱり、それを実現する方法の正解がわからないという事でしょうか!?
なかなか難しいですね~。(*´∀`*)
スウィンギン URL 2014/02/27(Thu)14:29:06 編集
2. >スウィンギンさん
スウィンギンさんは、もう知っていたのか。
ご存知の方多そうですね。
大切なことなので、たくさんの人が知ることが出来ると良いですね。

平和を作っていくために、私達に出来ること、きっとありますよ。
歴史の真実を学んで、伝えていくことが出来るといいなと思います。
そして、侵略戦争を肯定する政治家を選ばない。辞職させちゃう。\(^o^)/
いっぺんに変えていこうとすると無理なのですが、こうして聞いた話や学んだ歴史をブログに書いて伝えることから、始められると思います。
沖縄の様に、自主的に学んで自発的に声をあげて気持ちを伝え平和を守ろうと行動すると、日本人全体や他の国の人も一緒に歩み始めます。
100年かかっても、ひとりひとりのコツコツ作業が実る時がきっと来て、国際関係は良い関係が持てると思うのです。
スウィンギンさんも、一緒に歩みましょうね♫
みちこ* URL 2014/02/27(Thu)19:16:32 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]
 Template by repe